「3連休特別企画」のお知らせ 2種類の特別なシステムをご用意


サウンドピットです。


2週連続の3連休ということで、特別企画をご用意しました。

その①、その②と2種類の特別なシステムを組みますので、ぜひお時間のある時に遊びに来てください。



まずはその①。


JBL『S 9800SE』 を ファンダメンタル『MA-10』で鳴らす”


『S 9800SE』は少し前のモデルですが、なにせかつてのフラッグシップ。
とてもダイナミックで迫力があって、いま聴いてもさすがにいい鳴りっぷりです。



「3連休特別企画」のお知らせ 2種類の特別なシステムをご用意_e0404728_20191220.jpg



38cmという一種の魔法の言葉だけでワクワクしますが、実際に大口径のウーファーでなければ出ない音ってありますね。

時々こういうスピーカーを聴くと、初心に還るというか、シンプルにいいなって思います。

そんなスピーカーを日々進化する現代のアンプで鳴らしてみたらどうかな、という企画です。
なぜファンダメンタル『MA-10』なのかというと、これは試しに繋いでみたらとても相性がよかったから。


「3連休特別企画」のお知らせ 2種類の特別なシステムをご用意_e0404728_17351534.jpg


しっとりめの性格だと思っていた『MA-10』なんですが、思いのほかバインバインとJBLを鳴らします。
かといってシンバルがんがん!という感じではなく、「十分な質量をもちつつ上品に鳴らす大人のJBL」という感じ。



「3連休特別企画」のお知らせ 2種類の特別なシステムをご用意_e0404728_20191909.jpg


プリアンプには真空管のオクターブ『HP700』。

抜けのいいオクターブと艶やかなファンダメンタルで鳴らすJBLの雰囲気、いい感じですよ。







その②。


”エステロン『model YB』を ブルメスター『088』『911Mk3』で鳴らす”


ぜんぶ展示してるんだから特別じゃないじゃん、という声が聞こえて来そうですが、ちょっと違うんです。


「3連休特別企画」のお知らせ 2種類の特別なシステムをご用意_e0404728_20191358.jpg


今回は『911Mk3』を2台、モノラルアンプとして使用する、なんとも豪華システムです。

ただでさえ通常ステレオ時で4Ω/350Wというパワフルなアンプなのですが、モノラル時は4Ω/770Wという、とんでもない出力でスピーカーをドライブします。

エステロンは4Ωなので、770Wでドカンと鳴らされまくっているわけです。


「3連休特別企画」のお知らせ 2種類の特別なシステムをご用意_e0404728_20191957.jpg


もはやランボルギーニの馬力みたいな出力。
よくわかりませんね。


でも音には、はっきりとモノラル化の効果が現れています。

細身のエステロンが鳴っているとは思えないようなズシンとくる低音、スピーカーの外にまで及ぶステージなどなど。

少々オーバーパワーになるかな、と心配していたのですが、全く問題ないようです。


「3連休特別企画」のお知らせ 2種類の特別なシステムをご用意_e0404728_17365117.jpg


ブルメスターのスカッとした音色と圧倒的なドライブ力と、モチモチ重めのエステロンの音色が合わさってかなり独特の響きが出ています。

もともと明るい音のするスピーカーではないですが、この重めの感じがJames BrakeやFishmansにぴったりです!


ぜひこちらも聴いてみてください。





さてさて、

今回の特別な2システムですが、ソースはCD、レコード、ネットワークまでなんでも対応できます。


「3連休特別企画」のお知らせ 2種類の特別なシステムをご用意_e0404728_20192001.jpg
「3連休特別企画」のお知らせ 2種類の特別なシステムをご用意_e0404728_20192207.jpg


ちょうどレコードプレイヤーもD/Aコンバーターも色々種類がありますので、あわせて聴き比べてみてください。

特にデジタル系はエソテリック『N-03T』をトランスポートとして固定し、DACを切り替えると個々の特徴がよく分かるかと思います。

聴いた事が無ければ、ぜひ一度ワイス『MEDUS』を聴いてみてください。


「3連休特別企画」のお知らせ 2種類の特別なシステムをご用意_e0404728_20192147.jpg


あらたに入荷したトランスローター『Zet-3』も調整が定まっていい感じです。

ブルメスターとはドイツ製、クロームピカピカということで共通点の多いプレイヤーです。

お店の『088』にはMC入力付きですので、ついでにブルメスターのフォノイコも聴けちゃいますよ。


連休はサウンドピットへ!


-----------------------------------------------------------------


Vintage & Hi-End Audio 専門店

サウンドピット


〒465-0025 愛知県名古屋市上社2丁目13番地

HP:http://www.sound-pit.jp

e-mail: stereo@sound-pit.jp

お問い合わせフォーム:https://www.sound-pit.jp/otoiawaseform

TEL:052-775-7901


営業時間:10:00~20:00 (日曜日と祭日は18:00まで)

定休日:水曜日、木曜日 (水曜,木曜が祭日となる場合は営業します)





by soundpit-new | 2019-09-13 22:57 | お知らせ

名古屋のオーディオショップ「サウンドピット」のブログです。


by soundpit-new