brinkmann『bardo』のお話




先日、お客様とレコードプレイヤーの話をしていました。
すると悲しいかな、ダイレクトドライブはS/Nが悪くノイジーであまり好きではない、という意見を頂きました。

最近のはそんなことないんですよ、とわたくし。
ほんとに?とお客様。


そんな方にこそぜひ聴いてほしいプレイヤーがあります。

それはお馴染み、ブリンクマン『バルドー・パフォーマンス』。
合理的な機能美がたまらないこの一台。


brinkmann『bardo』のお話_e0404728_19474285.jpg


無駄を省いたシンプルなデザインと美しい仕上げで、いつまでも使っていたくなるプレイヤーです。
ヴィジュアルの美しさだけでなく、使い勝手、セッティングの容易さなど合理的な部分までを含め、まさにドイツの物作り、その神髄を体現しているかのような存在。

使い易く音もいいので、気がつけば一番長く展示している商品になってしまいました。

『バルドー・パフォーマンス』が発売されて以後も様々なプレイヤーを聴きましたが、こいつだけはなかなか入れ替える事が出来ません。


brinkmann『bardo』のお話_e0404728_19475158.jpg


長らくお店に置いてあるので多くのお客様にも聴いて、触っていただいておりますが、ここで今一度ブリンクマン『バルドー・パフォーマンス』の魅力、というより私が何故ここまで入れ込んでいるのか、その理由について書いてみたいと思います。



・シンプルなデザイン

ドイツの様々なプロダクトや建築のデザインを語る時に、どうしても避けては通れないバウハウスという存在。

何でもかんでもドイツデザイン=バウハウスという方程式に当てはめるのは好きではありませんが、かつてバウハウス掲げていた「極力装飾を排除した、機能的なデザインこそ美しい」という理念については共感できます。

ただバウハウス云々というより、機能主義的な思想はもともとドイツ系の方がもっている気質なのでは無いかと思います。

そういう意味ではこの『バルドー』はとてもドイツらしく機能的で無駄が無く、洗練されています。


brinkmann『bardo』のお話_e0404728_13484412.jpg


プレイヤーを構成するのはプラッターとトーンアーム、そしてそれを支えるベースのみ。

モノトーンで統一されたカラーリングなので全体的にはシックな印象ですが、それゆえに質感の高さも良く分かります。


プラッターはトップに美しいガラスプレートがはめ込まれ、サイドには水平方向に細かなヘアライン加工がなされています。

面取り部分を含め緻密かつ均一な仕上げがなされているので、レコードを載せずに回転させていると、まるで静止しているかのよう。


brinkmann『bardo』のお話_e0404728_19474379.jpg


重量級のプラッターに対してベースは少し細身に感じますが、実際にプラッターを載せるとシャーシの大部分は隠されてしまい、円形のプラッターに、同じく円形のアームベースの大小のコントラストが印象的になります。


brinkmann『bardo』のお話_e0404728_19474317.jpg


同じニュアンスでデザインされたトーンアームはシンプルなストレートアーム。
アームは『10.0』と『10.5』の2グレードが用意されています。


brinkmann『bardo』のお話_e0404728_19474296.jpg


展示機にはスタンダードな『10.0』が装着してあります。


トーンアームまでを装着して、全体の纏まりある雰囲気がとてもいい感じです。



・使い易さ

主にトーンアームに調整の話ですが、オーバーハングの調整やアームの高さといった、数ミリ単位で追い込んでゆく場合が多い項目がとてもやりやすく、よく考えられています。

レコードに針を落としながらという訳には行きませんが、調整の時間は明らかに短縮できるでしょう。


また、初回のセッティング時にプレイヤーの水平を取る場合、通常であればプラッターを装着してから水平を取りますが、傾けてネジ脚を調整するのはやりづらく、プラッターの重量で軸を痛める可能性もあるので慎重に行う必要があります。


brinkmann『bardo』のお話_e0404728_19475157.jpg

しかし『バルドー』はプラッターを載せる前に水平を取ってしまって大丈夫です。
ベース上でしっかり水平をとっておけば、プラッターを載せても寸分違わず同じように水平がとれています。

これも高い精度が保たれているからこそ。
高い精度は、結果的に音にも繋がる大切なポイントです。



・音

レコードプレイヤー単体の音を表すのは難しいのですが、強いて一言で表すなら『バルドー』の音は「普通」。

でも実はそれが一番難しいんです。
色づけが無いのとはまた違う、固くなりすぎず、浮かれすぎず。

brinkmann『bardo』のお話_e0404728_19475177.jpg

的確にピックアップして大袈裟にしない、という私が求めるレコードプレイヤーの理想を高いレベルで実現出来ているのが『バルドー』です。

世の中にはもっとすごいプレイヤー、もっと正確無比なプレイヤーも存在するのでしょうが、ルックス、使い勝手、コストパフォーマンスなど、総合的に考えてみても『バルドー』は私の好みにマッチしています。

だからずっとお店にも置いておきたいな、と思えるのです。





・『バルドー・パフォーマンス』USED品のご案内

サウンドピットおすすめのレコードプレイヤー『バルドー・パフォーマンス』のUSED品が入荷しております。

ワンオーナーの美品です。
トーンアームは希少なハイグレードモデル『10.5』を装着しております。



brinkmann『bardo』のお話_e0404728_19492535.png


詳細はこちらから。

なかなかUSEDで出てくることの少ないブリンクマン。
お探しの方はぜひお早めにお問い合わせください。





by soundpit-new | 2019-10-16 13:00 | コラム

名古屋のオーディオショップ「サウンドピット」のブログです。


by soundpit-new