アキュフェーズ『E-800』を聴きました



サウンドピットです。

つい先日の大阪ハイエンドショーで初公開となったアキュフェーズの弩級プリメインアンプ『E-800』を試聴しました。

A級動作で100W/4Ωという強力なドライブ力を持つこのアンプ、一体どんな音がするのでしょうか。


アキュフェーズ『E-800』を聴きました_e0404728_18305612.jpg


パッと見て驚くのはまずその大きさ。
大きいと言うより、分厚い。


アキュフェーズ『E-800』を聴きました_e0404728_18305617.jpg


弟分の「E-650」と比べて、縦も奥行きも大きくなっています。

フロントパネルは同社のパワー・アンプに採用されている15mm厚の無垢アルミ。
メーターそのものやメーターカバーも本体の大型化に伴い大きくなっているそうです。


アキュフェーズ『E-800』を聴きました_e0404728_18305613.jpg


入力もバランス入力を増やし、伝統的なCD-BALANCEに加え、2系統のXLR入力を備えています。
さらにRCAライン入力が5系統という大盤振る舞い。

ソース機器に応じて適切な入力を選ぶことができるのはありがたいですね。


アキュフェーズ『E-800』を聴きました_e0404728_18305667.jpg


早速ソナスファベール『エレクタ・アマトールIII』を繋いでみました。
お店の「E-650」でよく鳴らしているので、違いがわかりやすいはずです。



アキュフェーズ『E-800』を聴きました_e0404728_20543687.jpg


一聴して、とても余裕のある鳴りっぷりです。
出力があるとか、ドライブ力があるとか全部を含めて、たっぷり鳴っている感じ。



アキュフェーズ『E-800』を聴きました_e0404728_18305702.jpg


純A級らしさと、まるでAB級のような力強さがあります。
もちろん音色はアキュフェーズなのですが、音が太く、ボトムがしっかりしています。

この後でエステロン「YB」も鳴らしてみたのですが、こちらも余裕のある音がしていました。
海外のレビューサイトで「Monster」と形容されていた『E-800』、確かに只者ではありません。


実は明日だけはお店で聴くことができます!
お時間のある方はぜひお越しください。


-----------------------------------------------------------------


Vintage & Hi-End Audio 専門店

サウンドピット


〒465-0025 愛知県名古屋市上社2丁目13番地

HP:http://www.sound-pit.jp

e-mail: stereo@sound-pit.jp

お問い合わせフォーム:https://www.sound-pit.jp/otoiawaseform

TEL:052-775-7901


営業時間:10:00~20:00 (日曜日と祭日は18:00まで)

定休日:水曜日、木曜日 (水曜,木曜が祭日となる場合は営業します)










by soundpit-new | 2019-11-15 20:03 | 試聴レポート

名古屋のオーディオショップ「サウンドピット」のブログです。


by soundpit-new