Soulution「3シリーズ」デモを終えて



サウンドピットです。


この週末に行なっていた「ソウリューション 3シリーズ限定デモ」ですが、おかげさまで予想より多くの方にお越しいただけました。

この3シリーズが「手の届くソウリューション」であると同時に、そもそもソウリューションを聴いたことがない、という方が多かった印象です。


Soulution「3シリーズ」デモを終えて_e0404728_16404159.jpg


すっきりとした印象の「3シリーズ」。

でも実物を見て、思ったより大きくて驚かれていた方が多かったですね。

かく言う私もそのひとり。


Soulution「3シリーズ」デモを終えて_e0404728_16404141.jpg


シンプルなデザインでシルエットが丸いので小さく見えますが、フルサイズです。

特に奥行きは長めです(プリアンプは短め)。






今回はプリアンプ「325」、パワー・アンプ「311」、そしてプリメインアンプ「330」の3機種をご用意しました。

「325」&「311」はエステロン「YB」を、「330」はマジコ「A3」を鳴らしていました。


Soulution「3シリーズ」デモを終えて_e0404728_16404056.jpg


セパレートもインテグレーテッドも、外観はもちろん、音色にも一貫したヴィジョンを感じます。

「すっきりとしており、恐ろしくS/Nがよく、でも抑揚のないつまらない音ではない」

相反するものを高次元でミックスできているな、という印象がありました。


Soulution「3シリーズ」デモを終えて_e0404728_16404104.jpg


とはいえ、やはり全体的にはおとなしめで、上品。

いかにも現代オーディオらしい繊細で緻密な表現だと思います。







エステロン「YB」と「325」「311」の組み合わせもよかったのですが、個人的にはマジコ「A3」と「330」のシステムがとても気に入りました


Soulution「3シリーズ」デモを終えて_e0404728_16405080.jpg



ブログでも何度か書いていますし、実際に聴かれたことがあるならわかると思いますが、「A3」は低域のコントロールがとても重要になるスピーカーです。

単純な出力はもちろんのこと、逆に制動する力がしっかり必要なんです。



Soulution「3シリーズ」デモを終えて_e0404728_16405040.jpg



今回「330」で鳴らした「A3」はパワフルでありながら、適切な制御が効いているという印象でした。

「A3」を聴いたことのある複数のお客様が「本当にA3?」と驚かれるほどうまく鳴っていました。
ソウリューションがリファレンスとして採用しているスピーカーもマジコなので、やはり相性がいいのでしょう。

そういえば以前の「3シリーズ」の試聴会でも、「330」とYGアコースティクス「Carmel 2」の組み合わせはとても良かったですね。


金属筐体で密閉型、という共通する部分がYGとマジコにはありますが、アンプに対して高いレベルを要求してくるスピーカーに対して、ソウリューションのアンプはとても合うのだと思います。

ソウリューション製品のスペックの高さを感じます。

これでエントリークラスだというのだから、恐ろしいメーカーです。

YGアコースティクス「Sonja 2.2」も展示していますので、これを「7シリーズ」で鳴らした音が聴いてみたい、なんて下心がふつふつと湧いてきます。



Soulution「3シリーズ」デモを終えて_e0404728_16404569.jpg



「325」「311」で鳴らしたエステロンは、音の広がりがいつも鳴らしているナグラ「Classic Amp」と大きく違いました。

特に気持ちよかったのは残響のニュアンスです。

まさに録音したときの空気を感じられるような、ふわりと消えゆく音の表現がとてもよかったです。



マジコの時とは正反対の雰囲気です。

やはりアンプとスピーカーの相性というのは、なんとも面白いものです。







今回は鳴らしたスピーカーが限定的だったものの、YGアコースティクスやマジコのスピーカーを使われている方に一度聴いてほしいと思います。

「ソウリューションが抜群にいい」というより、それらのスピーカーの良さを引き出してくれる、そんなアンプだと感じました。

気になったら遠慮なくお問い合わせくださいね、詳しくお話していただきます。



それと、プリアンプ「325」とプリメインアンプ「330」は、オプションのボードを追加することで、機能を拡張させることができます。

用意されているのはMCフォノボードと、DACボード。

いずれもソウリューションが自社で生産しているこだわりのオプションです。



Soulution「3シリーズ」デモを終えて_e0404728_16404596.jpg

Soulution「3シリーズ」デモを終えて_e0404728_16405094.jpg



特にDACボードにはLAN入力が備えられており、ネットワーク再生にも対応しています。

できるだけコンポーネントを少なくおさえたい方にはうれしいですね。

自身のスタイルに合わせてカスタムできるのも「3シリーズ」のいいところです。


Soulution「3シリーズ」デモを終えて_e0404728_16162133.jpg


またソウリューションの製品を、改めてご案内できる機会もあるかと思います。

ご期待ください。


-----------------------------------------------------------------


Vintage & Hi-End Audio 専門店

サウンドピット


〒465-0025 愛知県名古屋市上社2丁目13番地

HP:http://www.sound-pit.jp

e-mail: stereo@sound-pit.jp

お問い合わせフォーム:https://www.sound-pit.jp/otoiawaseform

TEL:052-775-7901


営業時間:10:00~20:00 (日曜日と祭日は18:00まで)

定休日:水曜日、木曜日 (水曜,木曜が祭日となる場合は営業します)






by soundpit-new | 2020-02-10 16:17 | コラム | Comments(0)

名古屋のオーディオショップ「サウンドピット」若手スタッフのブログです。


by soundpit-new
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31