<名機>マランツ「SA-7S1」入荷しました




サウンドピットです。

マランツの最高級CD/SACDプレイヤー「SA-7S1」を入荷しました。


<名機>マランツ「SA-7S1」入荷しました_e0404728_15393225.jpg


安定動作しており、外観もきれいな一台です。
取説・リモコン・電源ケーブルが揃っています。

早いもので発売からすでに14年。
しかし今だに根強い人気を持つモデルです。


当時の定価は、なんと税別70万円。
現在のフラッグシップである「SA-10」よりも、さらに10万円も高かったのです。

「SA-7S1」は当時の最新技術を駆使して作り上げられたプレイヤーでした。

専用に新開発したドライブメカ、デジタル回路、・アナログ回路の完全分離、そしてフルバランス伝送方式の採用など、マランツの意気込みが感じられます。



<名機>マランツ「SA-7S1」入荷しました_e0404728_15393360.jpg


とはいえ、先ほど書いたように発売からすでに10年を超えています。
日進月歩で進化し続けるデジタルの分野においては、正直なところ「旧い」のは間違いありません。

しかし、PCやタブレットと違って、単純に数値だけで評価できないのがオーディオ製品の面白いところ。

いまだに30年以上前のCDプレイヤーが「名機」と呼ばれて重用されているように、音とスペックはイコールの関係ではありません。

チェックを兼ねてしばらく聴いてみましたが、やはり説得力のあるいい音をしています。
細かな音もしっかり出ていますし、押し出しも豊か。

さすがに当時のフラッグシップです。







それから「SA-7S1」の大きな特徴として、外部クロックの入力を備えている点が挙げられます。

「44.1kHz」「88.2kHz」「176.4kHz」の三種類の信号を入力することができます。

これも当時のマランツとしては珍しい仕様でした。



<名機>マランツ「SA-7S1」入荷しました_e0404728_15535565.jpg



外部クロックの追加は、シンプルなグレードアップ手段のひとつです。
大切なのは、当然ですが上質なクロックジェネレーターを選ぶこと。


<名機>マランツ「SA-7S1」入荷しました_e0404728_15392451.jpg



当店ではオランダのGrimm Audioから発売されているマスタークロック「CC2」をおすすめしています。

「CC2」は44.1kHz、88.2kHz、179.4kHzに加えて、48kHz系の信号も3倍まで出力することができます。



<名機>マランツ「SA-7S1」入荷しました_e0404728_15392459.jpg



「SA-7S1」と実際に組み合わせてみました。

決して派手な効果を発揮するものではありませんが、明らかに音の滑らかさや質感が向上します。
「44.1kHz」「88.2kHz」「176.4kHz」それぞれ特徴が違うので、自分の好みにあわせてセット出来るのもいいですね。

「SA-7S1」なんてもう旧型、と思っている人にこそ、一度聴いてみていただきたい組み合わせ。


いずれもご試聴可能ですので、お問い合わせください。


-----------------------------------------------------------------


Vintage & Hi-End Audio 専門店

サウンドピット


〒465-0025 愛知県名古屋市上社2丁目13番地

HP:http://www.sound-pit.jp

e-mail: stereo@sound-pit.jp

お問い合わせフォーム:https://www.sound-pit.jp/otoiawaseform

TEL:052-775-7901


営業時間:10:00~18:00

定休日:水曜日、木曜日 (水曜,木曜が祭日となる場合は営業します)






by soundpit-new | 2020-04-20 15:50 | USED入荷情報

名古屋のオーディオショップ「サウンドピット」のブログです。


by soundpit-new