McIntoshとDENONのシステム

こんにちは、サウンドピットです。


新たにセッティングした店頭のフロントシステムをご紹介します。

今回は上質なシンプルシステムというのがコンセプトです。


まずはアンプ、マッキントッシュのプリメインアンプ「MA9000」を用意しました。

同社のプリメインアンプではトップエンドの最高級モデルです。


McIntoshとDENONのシステム_e0404728_07481070.jpg


チャンネルあたり300Wの最大出力で、大抵のスピーカーは余裕を持って鳴らすことが可能です。

MC/MMのフォノイコライザーとDSD256に対応したD/Aコンバーターを搭載しており多機能さも魅力の一つ。


McIntoshとDENONのシステム_e0404728_07480434.jpg

MA9000にはオートフォーマーという出力トランスを搭載しており、2Ω、4Ω、8Ωのいずれの負荷においても同等のパワーを供給可能にしています。


さらにアンプ側の不具合によるスピーカーの損傷を防ぐ働きも担っています。



この技術は1959年のマッキントッシュ創業当初から続く伝統の技であり、マッキントッシュならではの音を作る要素の一つでもあります。


McIntoshとDENONのシステム_e0404728_07480326.jpg


アンプの中央にあるのは巨大な電源トランス。
この強力な電源部のおかげで展開の激しいシンフォニーを聴いても怯むことのない余裕ある音楽再生を実現しています。


車で例えると大排気量のエンジンです。
低速から高速まで難なく加速するのでストレスを感じさせません。



McIntoshとDENONのシステム_e0404728_07481781.jpg

McIntoshとDENONのシステム_e0404728_15394404.jpg




MA9000を見た人は誰もがその大きさに圧倒されます。
プリメインアンプなのにどうしてこんなに大きいのかと。

アキュフェーズのプリメインアンプ「E-800」もその大きさで話題になりましたが、実はほぼ同じサイズなのです。

ただし、圧倒的に異なるのは重量です。
E-800が36kgなのに対してMA9000は45.8kgもあります。



McIntoshとDENONのシステム_e0404728_07481746.jpg



ブルーアイズのメーター、ガラスパネル。
マッキントッシュには独自の美学があり、それを長く守り続けています。


高い品質に変わらないデザイン、そして一貫した音作り。


アキュフェーズもそうですが、マッキントッシュもまた信頼できるブランドとして多くの方に認知されています。


McIntoshとDENONのシステム_e0404728_07480979.jpg


SACDプレイヤーはデノン「DCD-SX1 Limited」を選びました。


DCD-SX1 Limitedはデノンの新たなフラッグシップ機として注目を集める前作の改良モデルです。



McIntoshとDENONのシステム_e0404728_07480317.jpg


音楽のジャンルに対して懐が深く、様々な音楽を聴いても得意不得意を感じさせない優等生タイプのプレイヤー。


音場は広く、美しいけれど棘のない音です。



McIntoshとDENONのシステム_e0404728_07480480.jpg



デノンのサウンドマネージャーである山内氏が自身の感覚を信じて、四年の歳月をかけて音作りに励んだそうです。


徹底的に追い込み完成させたこのプレイヤーは前作よりもワンランク上に仕上がっているように思います。


熱意と探究心の賜物です。



McIntoshとDENONのシステム_e0404728_07480408.jpg



マッキントッシュとデノン、懐の深さが感じられる落ち着きのある音が魅力の組み合わせです。


上質なプリメインアンプとSACDプレイヤーだけで作るシンプルなシステム、いかがでしょうか。


この組み合わせでしばらくの間、このスピーカーを鳴らす予定です。


McIntoshとDENONのシステム_e0404728_07480948.jpg


スイスの個性派、ボーニックオーディオの「W11 SE+」です。


アコースティック楽器の心地よい音色と素晴らしい音の広がりが魅力。
マッキントッシュとの相性もいい感じです。


ぜひ一度ご体験ください。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Vintage & Hi-End Audio 専門店

サウンドピット


〒465-0025 愛知県名古屋市上社2丁目13番地

HP:http://www.sound-pit.jp

e-mail: stereo@sound-pit.jp

TEL:052-775-7901


営業時間:10:00~180:00

定休日:水曜日、木曜日






by soundpit-new | 2020-06-01 14:52 | コラム

名古屋のオーディオショップ「サウンドピット」のブログです。


by soundpit-new