「トランスペアレント」試聴フェア

「トランスペアレント」試聴フェア_e0404728_11492638.jpg




サウンドピットです。
最近アクセサリーネタが多いですが、またアクセサリー関連イベントのお知らせです。

アクシスさんから、トランスペアレントのケーブルを数種類お借りして、試聴フェアを開催しています。


「トランスペアレント」試聴フェア_e0404728_18003007.jpg



・人気の中堅グレードをご用意

お借りしたデモ機は下記の通り。

ラインケーブル
・Super Series XLR
・Ultra Series XLR

スピーカーケーブル
・Super Series シングルワイヤー
・Ultra Series シングルワイヤー

電源ケーブル
・Premium Power Cord
・XL Power Cord


「トランスペアレント」試聴フェア_e0404728_11492638.jpg
(左から:Ultra SPK、Super SPK、Ultra PWR、Super PWR、Ultra LINE、Super LINE)



基本的には「Super Series」と「Ultra Series」を比べていただけるようになっています。

電源ケーブルも2種類お借りしていますので、グレードの違いをお楽しみいただけます。


「トランスペアレント」試聴フェア_e0404728_11492695.jpg


いずれも中堅クラスであり、トランスペアレントの魅力を知るには持ってこいのモデルばかり。

今回お借りした「Super Series」と「Ultra Series」を挟んで下に3種、上にまだ4種のグレードがラインナップされています。

トランスペアレントの開発力の高さと、懐の深さを感じます。


「トランスペアレント」試聴フェア_e0404728_11492757.jpg


実は「Ultra Series」以上のモデルになると、全てオーダーメイドでの作製になります。
これはユーザーが使用中の機器に応じて、ケーブルに搭載されているネットワークを専用設計にするため。


「トランスペアレント」試聴フェア_e0404728_12051603.jpg


ラインケーブルならCDプレイヤーとプリアンプ、パワーアンプ。
スピーカーケーブルならパワーアンプとスピーカーに合わせて、といった具合です。

なるほどそこまでしてくれるのなら、高いのもなんとなく納得です。
しかもコンポーネントが変わっても、無料で再設定してくれるそうです。




・超絶パワーコンディショニングのアレも

さらにもうひとつ。

個人的にはケーブル並みに、正直に言うとそれ以上に楽しみだったのがこちら。


「トランスペアレント」試聴フェア_e0404728_11241204.jpg
(XL Power Isolator ¥980,000-)



電源アイソレーター「Reference XL Isolator」です。

トランスペアレントといえばこれ、という人もいるぐらい代表的なアイテム。

想像していたよりコンパクトです。
しかし質感はとてもよく、シンプルな外観ですが置いた時の高級感はなかなかのもの。

セクシーなボディラインでかっこいい。


「トランスペアレント」試聴フェア_e0404728_11492747.jpg


口数は4個。
つまり独立した2系統のノイズフィルターを搭載しています。

さらに面白いのがLANケーブルの入/出力を搭載しているところ。

基本的にはサージプロテクター(雷プロテクター)のようですが、もちろんここにもトランスペアレント独自のフィルター機能が搭載されています。


「トランスペアレント」試聴フェア_e0404728_11492735.jpg


ネットワークオーディオをお使いの方にはうれしい機能ですね。

たとえばルーターとスイッチングハブの間に使ったりすると効果的かもしれません。




・トランスペアレントを味わい切るシステム

お借りしたケーブル、アクセサリーを存分に楽しむため、専用システムを組みました。

レコードプレイヤー:ブリンクマン「Bardo」

プリアンプ:ブルメスター「088」

パワーアンプ:ブルメスター「911Mk3」

スピーカー:エステロン「Model YB」


「トランスペアレント」試聴フェア_e0404728_11241267.jpg
(ラック:YG acoustics RACK1.3 ¥2,300,000-)



「トランスペアレント」試聴フェア_e0404728_11492671.jpg
(Estelon model YB ¥1,900,000-)



「トランスペアレント」試聴フェア_e0404728_11500321.jpg
(brinkmann BARDO + 10.5 tonearm¥1,498,000-)




私のお気に入りばかりで組んでしまいました。

しかもラックは、YGアコースティック「RACK 1.3」を使用。

このシステムをオールトランスペアレントで接続しています。
とんでもないことになっていますね。

でもこれぐらいやると、ケーブルの違いや細かなポイントが良く分かるのです。


「トランスペアレント」試聴フェア_e0404728_11241312.jpg
(YG acoustics RACK 1.1 ¥650,000-)



また、YGのラックはオーディオボードとして使える一枚仕様のものもございます。
よろしければこちらも聴いてみてください。

もちろん自宅試聴も承ります。



・一緒にブルメスターも楽しんで


あと、サウンドピットとしては一緒にブルメスターの魅力も知ってほしいと思っています。

確かに使いこなすは難しいですが、とても良いプリ&パワーです。


「トランスペアレント」試聴フェア_e0404728_11241338.jpg
(上:088 ¥2,850,000-)
(下:911Mk3 ¥3,300,000-)



「088」と「911Mk3」。

やはり長年愛されているのには、それなりの理由があると思うのです。
トランスペアレントのケーブルとあわせて、ぜひブルメスターの音もじっくり聴いてみてください。



先に開催しているCHORD COMPANYのフェア同様、ご自宅での試聴についてもご相談ください。

(CHORD COMPANYの試聴フェアについてはこちらをご覧ください → CHORD COMPANY:LANケーブル & ハブ が試聴できます


フェアの詳細についてはお電話・メール・公式LINEでお問い合わせください。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





サウンドピットのLINE公式アカウントを開設しました。

LINEを通して様々な情報を受け取れる他、来店や試聴のご予約もLINEメッセージのやりとりで行えます。

気軽に使える連絡手段の一つとして、ぜひご登録ください。




友だち追加



Vintage & Hi-End Audio 専門店

サウンドピット


〒465-0025 愛知県名古屋市上社2丁目13番地

HP:http://www.sound-pit.jp

e-mail: stereo@sound-pit.jp

TEL:052-775-7901


営業時間:10:00~18:00

定休日:水曜日、木曜日


※掲載されている価格は全て税別です。













by soundpit-new | 2020-09-11 18:00 | お知らせ | Comments(0)

名古屋のオーディオショップ「サウンドピット」若手スタッフのブログです。


by soundpit-new
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30