大瀧詠一「A LONG VACATION」を各ソースで聴く


サウンドピットです。

先日、大瀧詠一の楽曲がついに配信サービスに登場しましたね。

大ファンである私は、いつでも素晴らしい音楽を聴けるようになってうれしい限りです。



大瀧詠一「A LONG VACATION」を各ソースで聴く_e0404728_11404158.jpg



配信サービスへの登場と同時に、発売40周年を記念して「A LONG VACATION 40th Anniversary Edition」が発売されました。

20周年、30周年、そして今回の40周年。

このアルバムだけで、CD・レコード合わせて一体何枚持っているのだろう。

まだ出すんかい、という感は否めませんが、そこはこれ、出たら買ってしまうのがファンの悲しい性。


しかも今回は、当然ながらマスタリングは大瀧詠一本人ではなく、英国メトロポリス・マスタリング・スタジオのTim Young氏が担当しているそうです。

調べてみると、Sade、The smith、Elton johnなど、そうそうたるアーティストの作品にかかわってきたお方のよう。


海外のスタジオ、そしてエンジニアがマスタリングをした「A LONG VACATION」。

面白そうですよね。







という訳で、レコードとCD、両方を購入しました。

限定のBOX(そちらはレコードが45回転盤の2枚組!)も発売されていますが、私が購入したのは通常のLPです。




大瀧詠一「A LONG VACATION」を各ソースで聴く_e0404728_10314688.jpeg



ジャケット、帯はそのまま復刻されています。

どうでもいいことなのですが、ジャケットの紙質がすごく良くなっています。

変色にも強そう。




まずはCDを聴いてみました。



大瀧詠一「A LONG VACATION」を各ソースで聴く_e0404728_10314591.jpeg


すごくスッキリしている!というのが第一印象。

「君は天然色」の冒頭、チューニング用のピアノの音からして超クリアです。

全体を通して、密度というより広がりに重点をおいた味付けなのかな、という印象です。


ちなみに2枚組なのですが、2枚目に収録されている「ロングバケーションへの道」というプログラムがとても面白いです。

大瀧詠一本人が、このアルバムが完成するまでの流れを様々な音源、デモテープを使いながら解説する、という内容。

かなり面白いです。





大瀧詠一「A LONG VACATION」を各ソースで聴く_e0404728_10314627.jpeg


次に配信の音源を聴いてみました。

Amazon Musicだけでなく、Tidalでも同じラインナップが配信されています。

なのでRoonを使って、CDと同じくPlayback Designsを使うことができます。


またCDとは印象がちがいます。

なんだかこちらの方が、ぎゅっと密度が高く感じます。

定位の出方も異なるような。




大瀧詠一「A LONG VACATION」を各ソースで聴く_e0404728_10314595.jpeg


そして本命のレコード。

定位や解像度はCDや配信の方が優れていますが、とてもエネルギッシュで押し出しのあるサウンドです。

オリジナルと聴き比べてみると、レコードが一番変化を感じられます。


「聴こえてなかった音が聴こえる」感じもレコードが一番あるような気がします。







ただのロンバケ買ったよ!記事になってしまいました。

どんなソースで聴いても名盤に変わりはないのですが、こうやって聴き比べてみると「音質」というものがいかに音楽の表情や印象に影響を与えるか、ということを再認識できます。

はたして3つの音源のうち、エンジニアが本当に聴いてほしいものがどれなのかは分かりません。

ただ、きちんとしたシステムで音楽を聴くことは、ミュージシャンやエンジニアの意図、思想をより深く知ることにもつながると思っています。

良い音で聴いたほうが感動も大きいですしね。


やっぱりオーディオは面白いね、という話でした。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





サウンドピットのLINE公式アカウントを開設しました。

LINEを通して様々な情報を受け取れる他、来店や試聴のご予約もLINEメッセージのやりとりで行えます。

気軽に使える連絡手段の一つとして、ぜひご登録ください。




友だち追加



Vintage & Hi-End Audio 専門店

サウンドピット


〒465-0025 愛知県名古屋市上社2丁目13番地

HP:http://www.sound-pit.jp

e-mail: stereo@sound-pit.jp

TEL:052-775-7901


営業時間:10:00~18:00

定休日:水曜日、木曜日










by soundpit-new | 2021-03-28 13:06 | コラム

名古屋のオーディオショップ「サウンドピット」のブログです。


by soundpit-new