「光伝送システム」おすすめパッケージのご紹介


サウンドピットです。

ネットワークオーディオを楽しまれている方にとっては、今や常識となりつつある「光伝送システム」。

DELA「S-100」やSONOREの登場などで、オーディオファイルの間にも一気に浸透、定着しました。


最近はSFPに対応した機器や周辺アクセサリーもどんどん増えて、「新しいオーディオ」を代表する新技術として注目されています。

新技術といっても、オーディオに持ち込まれたのが最近というだけで、光伝送自体は既に確立された実績ある技術であるのはご存じの通り。

元々数百メートル ~ 数キロの距離を引き延ばすための技術ということで、信頼性は確かです。


オーディオシステムで光伝送を用いる目的は、距離への対策ではなく、ノイズを取り除くため。

いくらノイズに強いとはいえ、金属素材のLANケーブルは多少なりともノイズの影響を受けます。

その点、光伝送は理論上ケーブルにノイズが乗ることがありません。

当店もDELA「S-100」を導入して、光伝送の効果を実感しました。
店舗では長い距離を引き回すことも多いので、光伝送はとても効果的に活用しています。






今回のご紹介する「光伝送システムパッケージ」は、ネットワークオーディオに精通した専門家が、厳選したアイテムで構成したこだわりのセットです。

様々な環境、ニーズに応えられるよう、たくさんの組み合わせが用意されています。


「光伝送システム」おすすめパッケージのご紹介_e0404728_17531030.jpg
(「光伝送パッケージ」の一例)




マルチモードのSFPモジュールとケーブルが主となりますが、シングルモードのパッケージも用意されています。

サウンドピットも一式入荷しましたので、ご紹介したいと思います。
お店のデモはシングルモードにしました。

以下のセットを導入しました。

・メディアコンバーター:OL-MC220L

・SFPモジュール:SFP1G-LX-31(シングルモード)

・光ケーブル:SM-5M-PVC(シングルモード)


シングルモードにした理由は、たまたま光伝送システムをはじめて導入した際にシングルモードを選んだという点。

それから、現在使っているシングルモードのケーブルやSFPモジュールと比較を行いたいためです。



・メディアコンバーター:OL-MC220L

tp-link製メディアコンバーターをベースに、国内でヘビー級の筐体にカスタマイズしたオーディオ向けメディアコンバーター。

オーディオ信号の天敵であるノイズと振動を効果的に遮断します。


「光伝送システム」おすすめパッケージのご紹介_e0404728_17530972.jpg
(左:OL-MC220L、右:tp-link MC220L)



店で使用している通常のtp-linkのコンバーターと比べると、違いは一目瞭然。
重量もおよそ倍ぐらいになっています。



・SFPモジュール:SFP1G-LX-31(シングルモード)

SFPモジュールメーカーとして定番のFS社製シングルモードモジュールです。
世界で100万個以上を販売しているベストセラーモデル。
確かな剛性と安定した通信で、安心して使うことができます。



「光伝送システム」おすすめパッケージのご紹介_e0404728_17531034.jpg
(左:SFP1G-LX-31、右:10Gtek)





・光ケーブル:SM-5M-PVC(シングルモード)

モジュールと同じく、FS社のシングルモード光ケーブルです。
これまでお店で使っていたものよりも細いです。


「光伝送システム」おすすめパッケージのご紹介_e0404728_17531053.jpg
(左:FS社製光ケーブル、右:10Gtek製光ケーブル)



柔らかいので、取り回しも良好です。
長い距離を引き回したり、狭い隙間を通すのにぴったりです。







現状の光伝送システムとまるっと入れ替えます。
すこし暖気をして、さっそく聴いてみました。

一聴して、ずしっと腰が据わって、落ち着いた音になったのが分かります。
ボリュームが若干大きくなったかのよう。
定位もさらに良くなって、奥行きがしっかり感じられます。

これはつまり、ノイズがまた一段と減ったということなのでしょうか。
これまでも光伝送システムは使用していましたので、それだけではないはずです。


「光伝送システム」おすすめパッケージのご紹介_e0404728_17530913.jpg
(光伝送を行うのであれば、DELA S-100がおすすめ)




光ケーブルにはノイズが回り込まないとしても、メディアコンバーターやモジュールは、基盤を搭載した精密機器。

間違いなくノイズの影響は受けるはずなので、これらのクオリティを上げることはとても重要です。


光伝送システムの各アイテムは小さなものばかりですが、ネットオーディオ、とくにストリーミング再生においてはソースの品質を左右するとても大事なものばかり。

特に最近はお店での試聴やシステムのセッティングでもストリーミング再生を活用しています。


まさに一歩一歩という感じですが、確実に良くなっていく過程は興味深く、とても面白いです。


今回の光伝送システムのアップデートは、すでに導入されている方にとってはそれほど複雑な作業ではありません。

もし「とりあえず」のアイテムを揃えて光伝送を構築しているのであれば、今回のパッケージはとてもおすすめです。


お店では、今回導入したセットと、これまで使用していたセットの比較が可能です。

メディアコンバーターのみ、SFPモジュールのみ、光ケーブルのみなど、マニアックな聴き比べにも対応できます。


また、店頭ではroonを使用していますので、コアとなるPCとハブ間を光伝送にしてみたり、NASとネットワークプレイヤー間を光伝送にしてみたりと、色々実験中です。

光伝送システムについては、今後も定期的にレポートしていきたいと思っていますので、ご期待ください。


「よくわからないけど、気になる」「とりあえず話だけでも聞きたい」も歓迎です。

詳しいセット内容についても、個別にお答えさせていただきます。


まずはお問い合わせください。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Vintage & Hi-End Audio 専門店

サウンドピット


〒465-0025 

愛知県名古屋市名東区上社2-13

TEL:052-775-7901


e-mail: stereo@sound-pit.jp

HP:http://www.sound-pit.jp


営業時間:10:00~18:00

定休日:水曜日、木曜日








by soundpit-new | 2021-10-31 12:47 | コラム

名古屋のオーディオショップ「サウンドピット」のブログです。


by soundpit-new