Reed「5T」&「Muse 3C」期間限定デモ中です



サウンドピットです。

Reedのレコードプレイヤー「Muse 3C」と、リファレンストーンアーム「5T」を期間限定でデモしています。


2/15(火)までの期間限定デモです。

今回はけっこう長く貸していただけたので、じっくり調整していきたいと思っています。


※コロナウイルス感染防止対策のため、完全予約制とさせていただいております。




Reed「5T」&「Muse 3C」期間限定デモ中です_e0404728_12494672.jpg
(Reed : Muse 3C & 5T)




Reedは2007年にリトアニアで設立された比較的新しいオーディオブランドです。

創業者のVidmantas Triukas氏は、かつてソ連で大陸間弾道ミサイルに関する研究を行っていたという、異色の経歴の持ち主。

少なくとも、一般的な想像以上のハイレベルなエンジニアであることは間違いありません。

また、氏は芸術やデザインといった分野への造詣も深く、製品のデザインも自身で行っています。
卓越した知識とセンス、そして技術力が融合したReedの製品は、ある意味で変態的なほどの情熱を見る者に感じさせます。

さて、今回ご用意した2機種も、その佇まいからして只者ではない様子ですが、実際どちらも独創的なアイデアに溢れたユニークなモデルです。







・ターンテーブル「Muse 3C」


独特のデザインが美しいプレイヤーです。

最大の特徴はなんといっても「ベルトドライブ」と「フリクション(アイドラ―)ドライブ」の切り替えが可能という点。



Reed「5T」&「Muse 3C」期間限定デモ中です_e0404728_12495744.jpg



それぞれのメリット・デメリット、そして音質を比較しながら、自分好みの方式でレコード再生を楽しむことができます。

動作方式の切り替えも簡単で、慣れてしまえば数分で行うことができます。


つまり、例えばレコードによって動作方式を切り替えることも可能。

これまでになかった新しいスタイルと言えます。




Reed「5T」&「Muse 3C」期間限定デモ中です_e0404728_12495197.jpg
(アイドラーとプーリーを交換することで、動作方式を切り替える)




回転速度は水晶をベースとしたPLL方式で厳密に制御されています。

フロントの緑色のLEDは、単なる飾りではなくスピードメーターの役割を果たしています。

再生中ずっと見つめていても、回転ムラは全くみられません。




Reed「5T」&「Muse 3C」期間限定デモ中です_e0404728_12494625.jpg
(フロントのスピードメーターはON/OFFが可能)




フリクション(アイドラー)ドライブの時は、2モーターならではのトルクフルな感覚と、精密なロック機構の性能をはっきりと感じられます。




Reed「5T」&「Muse 3C」期間限定デモ中です_e0404728_12495116.jpg



プラッターを外した内部は、まるで高級腕時計のような精密な造り。

見えないところまでしっかりと丁寧に作り込まれています。




・トーンアーム「5T」


システムのもう一つの顔であるトーンアーム。


Reed「5T」&「Muse 3C」期間限定デモ中です_e0404728_12495772.jpg



「5T」には、”レーザーガイド式リニアモータードライブ・タンジェンシャルトーンアーム”という長いふたつ名が与えられています。

アームの位置と動きをレーザーで検知し、搭載されたリニアモーターで厳密に制御・駆動するという仕組みです。



Reed「5T」&「Muse 3C」期間限定デモ中です_e0404728_12493902.jpg
(モーターを格納したケースには、「5T」の動作原理を図解にしたものが描かれている)




いわゆるリニアトラッキング方式を独自の方法で実現したアーム、ということなのですが、このアイデアを実現してしまう発想力、そして技術力は普通ではありません。

リニアモーターで駆動しているので、針先やカンチレバーに負荷がかかることがなく、ピックアップ動作を妨げません。

同じ理由でインサイドフォースキャンセラーも必要なし。




Reed「5T」&「Muse 3C」期間限定デモ中です_e0404728_12495709.jpg
(レーザー受光部)




また、アームの位置をレーザーで常に監視しているため、トラッキングエラーもほほ無し(なんと+-0.005°以下!)。

内周に向かうにつれて現れる、憎き歪みともおさらば。

カートリッジの取付さえ気を付ければ、常に完璧な位置にスタイラスを「自動で」置いてくれるのです。



Reed「5T」&「Muse 3C」期間限定デモ中です_e0404728_12493959.jpg
(最内周でも歪っぽさを感じない)




サウンド、アイデア、完成度・・・など、存在そのものがレコード再生の新しいステージを感じさせてくれるトーンアームです。







プレイヤー以外のシステムは以下の通りです。


・カートリッジ:EMT HSD006

・フォノイコライザー:Aurorasound:VIDA または Phasemation:EA-1000

・プリアンプ:NAGRA Classic PRE

・パワーアンプ:NAGRA HD-AMP

・スピーカー:yG Acoustics :Sonja 2.2i


プレイヤーとアームの実力をしっかりと感じられるシステムです。



Reed「5T」&「Muse 3C」期間限定デモ中です_e0404728_12493967.jpg




今回のシステム、特筆すべきは、やはり歪の少なさ。

それがリニアトラッキングの特徴でありメリットなのは言うまでもないのですが、これまでとはその次元が違います。

また、しっかりと腰が据わっており、綺麗なだけでなくちゃんと聴きごたえもあります。



Reed「5T」&「Muse 3C」期間限定デモ中です_e0404728_12390254.jpg



伸びやかだけど、どこか薄味になりがちな最近のレコードシステムの中では貴重なサウンドキャラクターだと思います。

ぜひお気に入りのレコードを、このシステムで聴いてみてください。
きっと新しい表情を見せてくれるはずです。



ところでリトアニア、といわれても私はなかなかイメージが沸きません。

しかし、実はヨーロッパでもトップクラスの工作技術を有する産業国家のようで、ご紹介したReed社のように高い独自性を持つメーカーが、業種を問わず数多く存在しているのだそうです。

今回のシステムはトーンアームとプレイヤーでおよそ650万円。
確かにハイエンドではありますが、例えばこれがスイス製だったらどうでしょうか。

この作り込み、革新的なアイデア、そして製品としての完成度を考えると、このプライスは妥当なのではないかと思います。

ぜひこの機会にじっくり聴いてみてください。



2/15(火)までの期間限定デモです。

恐れ入りますが、ご来店の際は必ず事前にご連絡ください。

コロナウイルス感染対策徹底にためにも、ご協力をお願いいたします。





Reed「5T」&「Muse 3C」期間限定デモ中です_e0404728_12494634.jpg



※店内の混雑・密集を避けるため、ご来店の際は予めご連絡をお願いいたします。
 込み合っている場合、あるいはその可能性がある場合は、店外で順番をお待ちいただく場合がございます。
 ご来店の際はマスクの着用など他のお客様へのご配慮をお願いいたします。
 ご入店の際に、手指の消毒・検温をお願いする場合がございます。
 店舗スタッフはマスクを着用して対応させていただきます。 

 その他、サウンドピットのコロナウイルス感染対策についてはお問い合わせください。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Vintage & Hi-End Audio 専門店

サウンドピット


〒465-0025 愛知県名古屋市上社2丁目13番地

HP:http://www.sound-pit.jp

e-mail: stereo@sound-pit.jp

お問い合わせフォーム:https://www.sound-pit.jp/otoiawaseform

TEL:052-775-7901


営業時間:10:00~180:00

定休日:水曜日、木曜日





by soundpit-new | 2022-01-24 14:23 | お知らせ

名古屋のオーディオショップ「サウンドピット」のブログです。


by soundpit-new